海外ロングステイ体験

海外ロングステイ体験日記

海外で滞在型の旅をしながらスローライフな日々の感想や体験を書いたブログ

台湾のマンションと日本のマンションの違い

読了までの目安時間:約 2分

 

台湾でマンションを借りて住んでみて
10日目くらいです。
日本のマンションとの違いを
書いてみますね。

日本人向けの台湾の賃貸マンションは
分譲の高級マンションになります。

公共施設でプール、映画館
子供の遊び場、ジム施設
パーティー会場、ヨガ施設などなど
いたれりつくせりの豪華さです。

落ち着いたらプールで泳ぎたいなと思います。

日本の高級マンションもプールつきが
あるのでしょうが、九州に住んでいるからか
あまり出会ったことがないです。
映画館もジム施設も当然ですがついているのを
見かけないです。

台湾の場合は、公共施設が立派な方が
売れやすいのだそうです。(不動産屋さんの話)

廊下やエレベーターは日本と
似ています。あまり広くないです。

さて部屋の中の作りの違いですが
台湾もアメリカと同じで
玄関はなくてドアを開けたら
いきなりリビングです。
DSC_0595

靴のままでもいいですが
部屋履きに履き替えるほうが
掃除も楽なので履き替えています。
この辺りは、部屋履きにしている人も多いみたいです。

今、借りている部屋はバスルームが2つある
2LDKです。
主寝室にメインのバスルームがあるので
お客様用にダイニングの横に
洗面所とトイレとシャワーブースの
バスルームが別にある作りですよ。

最初から家具と大型家電(冷蔵庫、洗濯機
エアコン、照明器具などついています)

広々していてリビングにある
大きな本棚がお気に入りです。
まだ、あまり置いていないですが^^;
DSC_0594

キッチンのガスコンロが強力なのも
特徴かな?中華に適していますよ^^
とりあえず鍋と大きなフライパンを買いました。
便利です。
DSC_0599

関連記事:

 

タグ :   

台湾 不動産 台湾 台中の風景 台中での生活

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る